子どもの危険行為を未然に防ぐ!子育て世帯に人気のアイテム

死亡事故も少なくない!危険な子どものガラス事故

子どもとガラスの事故

割れたガラス

世間でも子どものガラス事故は多く発生しており、中には大怪我に繋がることもあります。このような痛ましい事故を予防するために、必要な対策とはどんなものでしょうか。

幼児に多いドアやガラスの事故

ドアやガラス戸にぶつかる事故は、0歳から9歳の小さい子どもに多い事故です。 閉じているドアであれば、ぶつかったとしてもたんこぶができる程度で済むでしょう。しかし、ガラス戸ですとぶつかると同時に鋭い破片が子どもに刺さる可能性があるため、非常に危険です。

ガラス事故を予防する工夫

予防が子どもの安全を守る!ガラスや扉の事故予防

小さい子どもはどんな行動をするか予想がつかないので、あらかじめ危険性の高い場所への対策を行なっておくことが重要となります。事故の多いドアやガラスにしっかりと安全対策を行なえば、子どもが大怪我を負うリスクを避けられます。

危険なガラスの破片対策には飛散防止フィルム
飛散防止フィルムをガラス戸に貼り付ければ、子どもがぶつかったとしても割れにくくなります。たとえ割れたとしても、細かい破片はフィルムによって飛散しにくくなるので、ガラスの破片によって怪我をすることも同時に防げるでしょう。
ドアやガラス戸にサッシストッパー
ベランダなどにあるガラス戸であれば、小さな子どもですと自力で開けて外に出てしまうことがあります。そこでガラス戸のサッシに取り付ける「サッシストッパー」を用いれば、子どもが不用意に外へ出ることを防げます。また、ストッパーをつければ窓が完全に閉まることもないので、子どもが内側からガラス戸を閉め、鍵を掛けてしまうことも防げるのです。
戸棚の対策!多目的ストッパー
戸棚の一部がガラス製の引き戸となっているものですと、子どもが勢いよく開け閉めした時に割れてしまう危険性があります。戸棚を開けることを制限する多目的ストッパーを設置すれば、子どもが無闇に開け閉めをすることができなくなるので、ガラスが割れることでのリスクを抑えられます

TOPボタン